看護師 紹介予定派遣

看護師から一般職への転職はなかなかない

看護師からの転職といえば、やはり同じく看護師になる方が多い傾向が見られます。
専門の学校機関において、最低でも3年間の専門的な指導を経て、その後看護師国家資格をパスし、文字通り苦労をして取得をした資格を全く活かさない業界で転職をするという選択肢を取る方は、非常に少ないでしょう。

 

専門職であるからこそ、同年代の人間よりも、高い収入を獲得することが出来るわけです。
一般的に、看護師という職業は転職の多い職種だとされています。
その平均勤続年数は、3年とされており、相当に同じ医療機関の中で出世や待遇面の向上が見られない場合には、キャリアアップや条件面の向上を目指し、約3年前後で転職をし、別の医療機関へと移動するとされているのです。

 

余儀なくされる場合もある

看護師からの転職の中で、最も多い理由が、やはり物理的に看護師の仕事をすることが不可能になったというものです。
結婚で生活環境が変わってしまった。
妊娠・出産・育児などで、看護師の仕事をこなすことが不可能になってしまったといったパターンです。

 

こういった場合には、せっかくの資格を活かすことなく、一般職をすることになりますが、現在では、医療従事者の人材不足から、労働環境の改善を行っている医療機関もあるため、看護師専門の転職サイトなどにまずは相談すべきでしょう。