看護師 小児科

看護師/小児科への転職でお悩みの方へ

小児看護と成人看護の違い

 

これまで小児科経験がなく、成人・老年期の患者さんばかりを看てきたという人からすれば、小児科特有の看護技術や知識・コミュニケーション技術に対して苦手意識を持っているという人は多いですね。特に採血や点滴など、子供たちが恐怖心を抱きやすいような処置をするのは慣れるまでは難しく感じるようです。また、薬品の取り扱いも小児科と成人とでは随分変わってきます。点滴の速度や薬剤の使用量などの違いに十分注意しなければ、大きな事故につながってしまう危険性が高くなります。「小児科の点滴のミキシングの計算方法なんて学生時代に習ったきり…」という場合がほとんどですよね(笑)小児科未経験からの転職となると不安はつきものですが、一番大切な事は「子どもと接することが大好き」という気持ちです。大人よりもずっと敏感に雰囲気を感じ取る子供達は、一生懸命自分に関わろうとしてくれる看護師さんが大好きです。

 

子供だけでなく、両親のケアも必要

 

小児科での看護の対象は子供だけではありません。付き添っている子供の両親への適切な声掛けや指導・説明が出来るようになれば、より深い信頼関係を築くことができるようになります。病気のため入院・通院するわが子の事を心配している親の気持ちは、不安定になっている場合も多く見受けられます。そんな時に、親の気持ち・立場を思いやるような関わりをすることで、患児も両親も気持ちが楽になるものです。これは小児科の看護だけに言える事ではありませんが、患者さんの家族の気持ちも汲み取れる看護師になるためにはまずは知識と技術をしっかりと習得することが基本中の基本となります。小児科未経験の看護師に対してもしっかりと指導が行き届いている施設で経験を積むことをお勧めします。

 

 

看護師の転職/紹介予定派遣・未経験の科への不安解消/TOP