看護師 転職 産科 婦人科

看護師/産科・婦人科への転職でお悩みの方へ

産科の看護師の役割とは?

 

産科の看護師の役割は「妊婦検診」「妊産婦・褥婦の世話」「新生児の世話」がメインです。外来患者さんや入院患者さんの看護と、基本的に健康として扱われる妊婦さんや新生児の看護は随分違いがあります。ご存じのとおり、実際にお産に立会ったりへその緒を切ることができるのは助産師だけです。妊婦検診でもエコーをあてたり、乳房の手当てができるのも助産師だけ…。となると、産科病棟での看護師の役割ってかなり曖昧になると言うのが正直なところです。助産師の方が給与が高いので、看護師でも間に合う処置は看護師に任せる、というのが現実です。施設によっては産科病棟で勤務する看護スタッフは全て助産師というところもありますが、隣接するNICU(新生児集中治療室)では看護師が働いていますし、同じフロアの中で助産師と看護師が一緒に働いているところもあります。「助産師さんのお手伝い係」のような立場になることを嫌がって、産科病棟での勤務を希望しない看護師も実際にたくさんいます。それでもかわいい新生児を抱っこできる楽しさは産科病棟ならではの特典(!?)ですよね。助産師免許はないけれど、赤ちゃんが大好きという看護師さんにはお勧めです。

 

産科・婦人科で働く看護師に求められること

 

産科・婦人科に来る女性のほとんどは、とてもナーバスになっています。それに加えて羞恥心を伴うような処置や検査を受けるとなると、気分が落ち込みがち…。そんな状況にある患者さんたちは、医師や看護師の何気ない表情や言動で深く傷つく可能性があります。スタッフ同士の私語はもちろん、接遇マナーにも十分注意しましょう。また、産科・婦人科では女性に付き添って来るパートナーへの配慮も必要です。なかなか人には相談しにくいような悩みを持つカップルを少しでも安心させてあげることが重要です。

 

看護師の転職/紹介予定派遣・未経験の科への不安解消/TOP