看護師 転職 未経験

看護師/未経験の診療所への転職をお悩みの方へ

転職を機に未経験の科に挑戦しよう

 

看護師さんが転職をする時に未経験の科を選ぶのか、それとも経験がある科を選ぶのか、ということは、給与や勤務時間と並んで重要な項目となります。看護師の資格には診療科によって区分がないので、どんな看護師でも配属された科の看護師になるというだけのハナシ。だからこれまでずっと外科で働いていた人が循環器内科に移ればその日から循環器ナースになれるし、内科経験しかない人が手術室に配属されればその日から手術室ナースになることができます。どんな人でも転職を考えるとなるとやはり、自分のこれまでの経験を活かせる科の中から候補を挙げていくと思います。でもせっかく転職するんですもの!これまでとは全く違う科にトライしてみるのもアリですよ!看護の基礎があれば、数か月もたたないうちに業務に支障をきたさないほどのレベルになれるはず!苦手と決めつけていた科の看護技術や看護過程も一通り終えた頃には住めば都となっているかもしれません。

 

未経験の科に転職するときの注意点

 

未経験の診療科に転職するとなると、やはり一からやり直すような気持ちで勉強する気持ちが大切です。でもそのような謙虚な姿勢は、たとえ経験がある診療科への転職の場合でも同じこと。看護の基本となる事はどこででも共通するとはいえ、ところ変われば看護も少しづつ変わります。同じ目的で動くにしても、その施設によって方法は違っているという事は決して珍しくはありません。もちろん各診療科によって優先すべきことも大きく変わってくるので、その状況を批判的な目で見ることしかできないとなると、そこでずっと働いてきたスタッフとの間に溝ができてしまう事も…。新しい事にトライする時には、それが自分にとって正しいことなのかどうか考えるよりもまず、新しい科・新しい施設のやり方を覚える事に集中するようにすれば失敗や衝突は少なくなります。

 

看護師の転職/紹介予定派遣・未経験の科への不安解消/TOP